精神疾患にならないために

シニア

上手に摂取しましょう

セロトニンとは、体内で大切な役割をしている神経伝達物質のひとつです。脳内のセロトニンが不足すると、うつ病などの精神疾患になりやすいといわれています。セロトニン不足には注意が必要です。セロトニンを増やす方法は、セロトニンに欠かせない成分のトリプトファンを摂取することです。トリプトファンが多く含まれる食品は、乳製品、大豆食品、ナッツ類、魚類、バナナ、卵などです。これらの食品をバランスよく摂取しましょう。サプリメントを利用するのも良い方法です。セロトニンの過剰摂取は、セロトニン症候群を引き起こすので注意しましょう。強い不安、ふるえ、発熱、興奮、混乱、発汗、下痢などの症状が起こった場合は、セロトニン症候群の初期症状ですので注意してください。

サプリが人気の理由

現代のストレス社会で、精神疾患を患っている方が増えています。そんな中で、セロトニンのサプリは人気で注目を集めています。不安感を解消してくれるサプリは、テレビや雑誌などでも取り上げられ注目されているのです。自律神経の乱れや、うつ病傾向で症状がひどい場合には、病院を受診しますが、まだ症状が軽い場合や、ストレスで気分が憂鬱だなと感じる程度の時などにサプリを試される方が増えているのです。手軽に摂取できるサプリだからこそ、精神疾患の予防にもなります。病院の薬には抵抗がある方でも、サプリは安心ではじめやすいというのが人気の理由です。サプリを飲んでもすぐには効果はでません。長く続けることで効果がでてくるのです。摂取量を守り、生活の中でうまく摂り入れてみてください。